82歳の誕生日

82歳の誕生日

 

9月20日
82歳の誕生日を迎える事ができました。...
80歳を過ぎてから体力の衰えを感じますが、元気にしております。

 

 

 

82歳記念製作アンプとして
15KY8A SRPP
7695 SRPP
の2台完成しました、エージングも進みましたので、今日仕上げします。 

 

82歳記念製作品

 

f:id:arunas001:20200920155803j:plain

このアンプについては別ページで紹介しています。

 

また、この真夏の間、居間に避難して製作を一服してましたが、その間に設計したアンプが数台あります。それらのアンプの主要部品も集まってきました。
これらの製作したい真空管アンプは体力気力が続く限り進めます。

 

フッターマン H-2 6C19P OTL

 

f:id:arunas001:20200901212141j:plain

 

f:id:arunas001:20200828212353j:plain



  

修理を待っているアンプも数台ありますので、早く甦らせてやりたい思っています。

 

 

Facebookはてなブログへの投稿は、ほぼ毎日続けてますが、これからもこれまでと同じようにお付き合い頂きますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

最後になりますが、皆様のご好意に厚くお礼申し上げます。っこれからもよりしくお願いいたします。

 

82歳誕生日に。

工業計器(1)

回転型アナログ指示計器

4〜20mAの指示計器です。 

計装用に使用される物で、現場に発信器が設置されてそこから発信される4〜20mAの信号を受けて回転指示します

現場の測定目的によりメモリも単位もかわりますが.

ゼロが4mA、フルスケールが16mAとして電流伝送された信号を回転指示します。つまり電流計です。

 

当方では、適当なシャント抵抗をかまして目盛に合わせ100mA計として使っていました。

 

クルッと指針が回っるのはアナログメーターならではです。

 

ツバの大きさ:110□

メーカー:三菱電機

f:id:arunas001:20200727201431j:image

 

f:id:arunas001:20200727201511j:image

 

f:id:arunas001:20200727201759j:image

 

山の写真(3)栂池スキー行

 山の写真(3)栂池スキー行

 

25歳頃のGW、会社山仲間三人とのスキー行で「白馬村落倉~栂池~白馬大池蓮華温泉」へとたどった時の写真である。

 

落倉を出発栂池高原へ向かう、彼方に残雪に輝く白馬連峰が見える。このころの栂池スキー場はまだ開発されてなく鐘の鳴る丘と親の原スキー場のみであった。今日では栂池高原までロープウエイが通じているが、隔世の感がある。

f:id:arunas001:20200504192757j:plain

 

f:id:arunas001:20200504193349j:plain

栂池ヒュッテ

f:id:arunas001:20200504193435j:plain

1日目は好天に恵まれたが、翌日はガスがでて大池コースを断念、近くでトレーニン

f:id:arunas001:20200505082900j:plain

 

栂池ヒュッテに2泊して出発、天気が悪化する気配があったが、雨にはならないだろうとの小屋の話で出発することに。

f:id:arunas001:20200504193613j:plain

白馬大池付近で下降の準備、蓮華温泉へと向かう

f:id:arunas001:20200504193638j:plain

 

実はこの後の写真が無い。蓮華温泉へ向かう下降の途中、同行のNO君が急斜面で滑落、先導していた私にぶつかってあわや谷へ転落となりかけ、幸いケガはなかったがNO君の気分が動転し、スキーでの下降が不能となった。蓮華温泉まではあと1時間ほどと踏んでいたが、この事件でNO君の気持ちが落ち着いてから現場を脱出、夏道を探して徒歩で下山、蓮華温泉に着いたのは夜8時ころに、遭難の一歩手前であった。

今ともに後期高齢者となったNO君と出会うといつもこの話題がでるが、この数年後年リベンジに同じコースを辿ったと聞いた。が、この時、私は既に起業しており、それどころでは無かった。

 

フランス、ドイツの鉄道写真

フランス、ドイツの鉄道(電車、列車)の写真

 

アルバムを断捨離して出てきた1989年3月の写真

京都市ベンチャービジネスクラブ(KVBC)視察団に参加した時に写したもので場所は覚えていない。

主に訪問したのは、フランス:パリ(京都市姉妹都市)ドイツ:ボン、ハノーバほか。

この時はまだ東西ドイツに分かれており、ベルリンに入ることはかなわなかった。

ボンにあるベートーヴェンハウスへも訪ねたが写真撮影禁止だったのか写真が残っていないのが残念。

 

 

f:id:arunas001:20200504111411j:plain

f:id:arunas001:20200504111438j:plain

f:id:arunas001:20200504111504j:plain

f:id:arunas001:20200504111537j:plain

f:id:arunas001:20200504111600j:plain

f:id:arunas001:20200504111620j:plain

f:id:arunas001:20200504111642j:plain

f:id:arunas001:20200504111708j:plain

f:id:arunas001:20200504111731j:plain